花瓶に生けられた花

せっかく届いたお花を綺麗な状態で長持ちさせたいですよね。

花はいずれ枯れてしまうものですが、でもちょっとしたコツを知って

それを守れば、結構花を長持ちさせられるのです。

そのコツとは、

  • 花を花瓶に生ける際に、葉っぱが水に浸からないように、水に浸かりそうな葉を取り除いておく
  • 毎日お水を替えてあげる
  • 水替えの際には少しずつ茎を切る
  • 延命剤などを入れる
  • 置き場所に気をつける

などです。

まずは、花瓶にお花を生ける時には水に浸かる葉は取っておきます。

葉が水に浸かったままだと、葉が腐食し水が汚れてきます。

なので、葉は水に浸からないように注意しましょう。

そしてやはり、水替えを毎日やることです。

特に夏場になると、水の温度も上がるため、水が腐りやすくなります。

なので、しっかりと毎日新鮮なお水に替えてあげましょう。

私は夏は気づいたときには一日に何度でも水を替えていました。

また、その時茎を少しずつ切るようにします。

徐々に短くなってしまいますが、茎がしっかりしていないと、花が水を

吸い上げることができませんので、茎を斜めに切るようにします。

まっすぐ切るのではなく、茎の表面積を増やすように、斜めに切りましょう。

そしてその茎を切る時には、茎は水につけた状態で切るようにします。

そうすると、水あげがよくなりますので、花が長持ちします。

さらにお花を綺麗に長持ちさせたいときは、延命剤を入れるのもいいです。

なければ、10円玉をいれたり、漂白剤を入れたりすることもおすすめです。

10円玉には抗菌作用があると言われています。

漂白剤は殺菌作用で、細菌の繁殖を防ぐことができます。

花を置く場所にも気をつければ、花を長持ちさせられます。

なるべく気温が低めで、更にクーラーなどの風が当たらない場所がいいです。

気温が高いと、花瓶の水が腐りやすくなりますし、風が当たる場所では

花の水分が奪われてしまいます。

なので直射日光が当たったり、クーラーの風が吹きつけるような場所は

花にとって過酷な環境になりますので避けましょう。

ちょっとしたコツでお花を長持ちさせることができますので、

試してみてくださいね。

おすすめの花の定期便はこちらからお花の定期便【Bloomee LIFE】